ついにリライブシャツが海を渡りました。

ロシアの西に位置するベラルーシ共和国まで飛行機で渡り、ベラルーシのいくつかのスポーツ連盟とお会いしました。
目的はもちろんリライブシャツでベラルーシ共和国のアスリートを応援することです。
ベラルーシ共和国関係者にセッティングをしていただき、この日を迎えることができました。
リライブシャツを着ればそれだけで運動能力が上がりますので、トップアスリートからはどこに行っても歓迎されます。

まずベラルーシ柔道連盟の会長
PavelYasenovsky会長と面会しました。。pavel会長は山下泰裕さんなど日本柔道界と親交の深いヨーロッパ柔道界の重鎮です。昨年はベラルーシでヨーロッパ柔道大会を実現させた、人間的にもすばらしい武道家です。
ちなみにベラルーシ柔道は2004年のアテネオリンピック男子柔道100kg級で金メダルを取った柔道強豪国です。

ベラルーシ柔道連盟

pavel会長にリライブシャツを体感していただきました。着た瞬間に力が大きく上がったことに驚かれた様子。
さすがトップアスリートは違いがすぐに分かります。
さっそくベラルーシの柔道のトップ選手に使っていただき一緒に研究することになりました。

リライブシャツでベラルーシの柔道界が、そして全世界の柔道界がさらに発展できるようお手伝いさせていただきます。
それでついにリライブシャツが国際スポーツ界への第一歩を踏み出しました。

最後にpavel会長から「もしリライブシャツがうまくいかなくても私たちは一生の友だ」と言っていただいたことには心から感激しました。

最高の一日でした。

ちなみにまだ日本柔道連盟にはつてがないので行けていません。
このサイトをご覧のあなた、ぜひ日本のスポーツ協会を紹介していただけませんか?
2020年までに準備したいと思っています。